Home > Diary > スーツ注文しました

スーツ注文しました

2003年9月11日(木)02:18きとら[Diary]

昔からそうだったんですが、寝床に入るのと朝刊が来るのが同じ時間という生活をしばらく送っていることもあって、日記をつける時刻はたいてい日付をまたいじゃってるのです。数世代前の人々なら日記をつけるのはその日のうちだったんでしょうが…どうも今のライフスタイルにはそぐわないよなぁ(´`)
ところで右下の”stat”の欄にある更新時刻のスクリプト、どうもJSTよりプラス1時間ずれちゃってるようです。タイムゾーンはちゃんと設定したはずなのに。 うーむむむむなぜだ。

—————————–
今日は父親が久しぶりの東京出張とのことで、夕刻頃に八重洲ブックセンターで待ち合わせ。夏に入る前からスーツは一着じゃだめだ、出張で上京したついでに二着目を買えとうるさくて、会うなり地下街の専門店へ。夏用のスーツを買うならともかく、もう夏終わっちゃいそうだよ…。

イージーオーダー。このハイソサエティーな匂いのするこの言葉、どうも苦手なんですが…この年でやっちゃいました(´д`;) 買うんなら新宿西口のアオキでいいのにもったいないとごねても、あっちも昔からなかなか頑固な性格で。お互いさまかな(笑
でもたしかに、今のスーツはきとらの寸法に合わないのも事実。身長は低いウェストも細い、しかもかなりのなで肩。大きいサイズのお店の広告はいくらでも目にするのに、メンズで小さいサイズを扱ってるお店って…そうそうないと思うのですがどうでしょうか。入学前にほうぼう探し回ったものの結局のところ、ボクの体型にぴったりのスーツは見つかりませんでした。とりあえず島根には


で、明らかにシロウトのきとらはプロフェッショナルっぽい店員さんに手際よく寸法を測られていったのですが、どうやら右手と左手の長さがわずかに違うらしいんです。「右の袖口を1cmほど詰めておきますね」と言われて、えっなんでですか?と尋ねたところ、一般的に言って利き手のほうがそうじゃない手よりもほんの少しだけ長くなる―とのこと。

すいません…利き手、左手なんですが(´ω`;)

そう言うと、「でも、お客様は右手のほうが長いんですよ」と。 マジか。
ボクは子どもの頃から箸も字も左。なぜか腕時計も左。 しかし…もしかして、身体は右利きだけど脳だけ左利き―だったりするんでしょうか? もしかして、ボクって利き腕同一性障害とか(ないよ)

そんなこんなで無事、採寸終了。ちなみにウェストは70cmらしいです。仕上がりは来月末…秋まっさかり!
買ってやるからと言ってたわりにはお店で一番安い生地でしたが(´・ω・`) でも感謝です。

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。