Home > 2003年11月 のアーカイブ

2003年11月 のアーカイブ

大英博物館の至宝展

2003年11月30日(日)00:43きとら[Diary]

brmuseum.jpg金曜の夕方が空いているという情報を得たので、上野・東京都美術館で開催中の『大英博物館の至宝展』を観にいってきました~。都の美術館は、おととしのアールヌーヴォー展以来、になるのかな。
この前の朝、ポストに入っていた封筒のなかにこのチケットが入っていたんです。新聞販売店のハンコが押してあったから、もしかしたら朝日新聞のプレゼント企画に応募して当たったチケットなのかなぁ。何といっても招待券!非売品!ああ何て麗らかな響きなんだ!!(爆 洗剤よりもビール券よりもこういうチケットのほうがずっと欲しいんですよ。自動引き落としにしててよかった~(*´ω`) …まぁ、学生は当日券1100円なんですが。

—————————–
で。ある程度覚悟はしていたものの、やはり入場制限で20分待ち。休日の昼間なら2時間待ちも当たり前だという噂なんですが、閉館は午後7時なのに美術感に着いたのは5時ちょうど。もうちょっと余裕を持って来ておけばよかったと思うも後の祭りでした。入場制限を敷いてるくせに順路は押すな押すなの大混雑。うひーっ(´д`;)
それにしても、こういう展覧会に平日に来る人間のタイプって 自ずと決まってくるものなんですね。有閑マダムか、どちらかが芸術に興味のあるカップル の2種類で多数派をつくりそう。この展覧会は美術に興味のない方でも十分楽しめる構成になってるんだけど、金銀細工が中心のアールヌーヴォー展の時なんかもう凄かったですよ。「あたしがフランスに行った時は…」とか「あたしの長男が海外勤務していた時に…」っていうハイソな言辞が飛び交うもんだから「このプチブルジョアジーがッ!!」とついつい毒づいてしまって大変じゃった(´`)
とまぁこんな感じで混雑が激しかったもんだから、ラストあたりのアジアコーナーなんかは時間がなくて、みんな早足で通り過ぎて出口付近のショップに殺到してました(´・ω・`) やっぱり美術館や博物館は独りでゆったりと巡るのに限りますね…。
展示の感想は…マダムはやっぱり光り物に弱いってことと、イギリス人の収集癖はすごいなぁというのと、大英博物館そのものが良くも悪くも ブリティッシュ・コモンウェルスの文化植民地主義を体現したものなんだなぁ、という3点。日本でいうと縄文時代につくられた アッシリアの「瀕死のライオン」が特に印象に残りました。あとで親のおみやげ用に買ってきた図録を使って 今日観た展示を反芻します~。

ところで、実は封筒の中に入ってたのは2枚だった!って事に気づいたのはその日の昼ごろだったので、卒論執筆に忙しい友達の足を引っ張ってやろうと思って 誘ってみたんですが……
返事は「ごめん、前に本物の大英博物館に行ったんだ」。むきー!こんにゃろ!!ヽ(゚皿゚ )ノ 残ったチケットどうしよう。

病み上がりです

2003年11月27日(木)23:56きとら[Diary]

二日酔いだと思ってたんですが、実は風邪でした(´ω`;)トホホ 一日中つまんないテレビをだらだらと観てしまうから 経験的に風邪かなー、と(笑) どっちもほとんど経験がないからどんな処置をすればいいのか分からないので、風呂に入ってみたり寝汗をかいてみたり。寝込んでる時間がもったいないって感じるんだけど、頭の中でとりとめのないことをあれこれ思いをめぐらす以外は 他のことをする気力が湧かなくて…。今もちとフラフラしてますが、今週になってはじめて学校に出かけました(爆)。 マフラーを打ち上げコンパの会場に忘れてしまったので、咳がまた悪化しやしないか心配。明日部室に入ってサルベージしなきゃ…。熱はないというかむしろ35.8℃なんですが(´`)

—————————–

猫AVの制作会社、らしいです。猫たちのあられもない痴態の数々がDVDに!!というノリなんですが、バナーを見て一瞬ドキッとしてしまった時点できとらの負け確定(´・ω・`) 巷のAVのロークォリティさなパッケージをハイクォリティに捏造してます。すげー。っていうか「ウホッ!いい肉球」って何じゃ(笑) バカなサイトをとことん真剣に作り上げてしまうその心意気が大好きです。

今日は風邪気味なので これでおわり。

学園祭と恐怖体験

2003年11月25日(火)21:13きとら[Diary]

…一日中 二日酔いでぐったりしてました(´・ω・`) 今もズキズキしてます。
のどや鼻がカゼっぽくなってたのに加えて、睡眠不足と歌いすぎ&飲み過ぎが重なっちゃ、いやでもこうなっちゃうよなぁ。ハメをはずして飲んでも二日酔いにならないのが今までちょっとだけ自慢だったのに。 あとどうも飲むと口がとたんに軽くなっちゃうようで、打ち上げコンパが終わる頃には後輩から「キャット」とか言われるようになったし(´`;)
それは置いといて。グループとしてはこの学園祭のステージが最後だったんですが、思う存分歌いまくって悔いの残らない演奏ができました♪ 演奏後のアンケートでも「ソウルフルだったよ」とか「神」とかありがたいお言葉を頂戴しました(笑) アンケートを見た限りでは、今回はオンラインでの知り合いの方は来てなかったみたいだったけど どうなのかなぁ。
それにしても4年間って本当に短かったなぁ…としみじみと感じながら、まだまだ初々しい1年生の姿を自分の昔の記憶に重ね合わせていました。来月はとうとう追い出しコンパ。

灯台下暗し

2003年11月23日(日)03:32きとら[Diary]

元ダイエー秋山、“代打”で講演-数学者のはずが『秋山違い』
暗いニュースばかりの昨今ですが、久しぶりのほのぼのまったり系なニュースですね。一歩間違えたらえらい騒ぎになってただろうけど…結果オーライじゃ(*´ω`)

—————————–
gakuensai.jpg
日曜が本番で土曜がリハーサルだ!と思いこんで学校に出かけたら、本番は月曜だった_| ̄|○ 何やってんだ自分。最後なんだから自分の出番くらいちゃんと確認しようよ。
でもそのかわりに、うちのサークルのコンサートで配られる 今日(日曜)のプログラムの表紙を持ち帰ってきました~。か、かわえぇ…(*´`*) 後輩の誰が描いたんだろ?去年までは絵心のない人間ばっかだったから 1年生かなぁ。コンドル3匹にアルマジロとリャマですね。アルマジロの甲羅がチャランゴに、リャマの毛皮がボンボに使われるって点がちと共喰いチックですが(笑)
…このイラストが学校の友達に見つかったら速攻できとらの正体がバレちゃうので、ドキドキしながらアップしてみました。どうか見つかりませんようにっ

学園祭きたる

2003年11月22日(土)13:57きとら[Diary]

昨日は博物館学のゼミで先生の興味深い話を聞いてきました。活版印刷の歴史と、大正期の「変態と猟奇」について(笑) このテーマに関しては前に日記でコメントしたことがあるんですが、当時「変態」という言葉は批判的な意味合いはなかったらしいですね。「あいつは変態だ」というのは「あいつは流行の最先端を行ってる」という意味だったそうで。「変態文学ファン垂涎の的」とされる「グロテスク」という変態発禁本もかつて持ってらっしゃいました。博物館学を修めるにはまず博物学を押さえないといけないのか。
あと、先生がかつて著作をものした際には、書店名の字面を一番に考慮して発行元を決めたとか…すげーっ(´д`;) 曰く、「青木書店」「岩波書店」みたいなのはダメだそうです…。
この話とはあんまり関係ないんですが、来年の四月末から とある展覧会が開催されまして、きとらもこのゼミを通じてプロジェクトに加わっていますんで、日程が近づいた時にまたアナウンスしますね~( ・ω・)ノ

—————————–
今日から学園祭。4年生なんでほとんどゲスト出演みたいなもんだけど、とりあえず今年も土曜日にサークルのステージに立ちます♪ 同じ研究室の友達はでっかいメインステージのほうでバンド出演するみたいだけど…大丈夫か卒論(汗)

ファルス&キトラ

2003年11月22日(土)00:00きとら[Artworks] [, ]

「フォアヴェルツ」に掲載したファルスとキトラのツーショットです。特にテーマ性はないんですが、ほのぼのとした感じのものを描きたいなぁと思いまして。

冬コミ。

2003年11月19日(水)23:56きとら[Diary]

……夏コミの数日後、ボクの家で申込書を書いて〆切当日に応募した方のサークルが初めてなのに受かったようです。今日知りました☆(遅っ)
そもそもサークル参加をするって決まったのもその前日らしく、かなり焦りながらPhotoshopでサークルカットを作ったり書類を記入してたように記憶してるのですが、ボクは前日のプールオフのせいで激しく眠かったのであんまり手伝わなかったような。(爆)
とりあえず当選おめでとー♪ 新刊楽しみにしてるよぉ(*´ω`)
ちなみにスペースは、三日目の東ぺ-37b、だそうで。

ボクも在学中に一度くらい個人本を作ってみたいなぁ…と思い続けてはや4年生になっちゃったよ(´`;)トホホ
コピー本なら学校のコピー機と製本器を使って作ってみたいのですが、肝心の描くネタが決まってないもので…。イラストだったらオフセ かつフルカラーで出したいし、漫画は今は別に描きたいとは思ってないし。CD-ROMはハードルが低そうだけど、それだったらオンラインで公開するかな。っていうか某サークルの御大に貸しっぱなしにしているコミ○タのCD-ROMが戻ってこないことにはどうにもやる気が起きないっていうか~(責任転嫁です。)
どちらにせよ、チャンスは今年の冬か来年の夏かのどっちかなんですよね。うーむむぅ