Home > Diary > 母さん。

母さん。

2003年12月4日(木)23:48きとら[Diary]

母さん。
仕送りを送ってくれるのはうれしいんだけれど
届いた時にはもう酢のものから異臭が発しているんだ。

—————————–
博物館工学のゼミで、先生が所蔵している1930年代・40年代の世界各国の貴重な新聞コレクションを見ました。中国の抗日新聞、ソ連のイズベスチヤとプラウダ、イタリアの未来派、ドイツのベルリン・ダダ、それからmoblogにもアップしたエスペラント語新聞などなど。エスペラントなんて今じゃもう死語になっちゃったけど、戦前の日本の知識人はエスペラントに造詣が深かったようです。きとらも高校の頃に興味を持ってちょっとだけ勉強したっけ…懐かしぃ(´ω` ) Googleもちゃんとエスペラント語に対応してますよん♪
どれも二束三文で買い取ったらしいんですが、こういった古新聞は欧米ではもっと高値で売られているとのこと。ソ連構成主義の影響を受けた30年代の新聞のデザインは今でも通用しそうでした。


さっき、NHK教育の「ハッチポッチステーション」のオープニングで、グッチ裕三が ディープ・パープルの “Smoke on the Water” の曲に合わせてロシア民謡の「一週間」を絶唱してました。 ♪月曜日に市場へ出かけ~♪っていう例のアレ。やべー…腹痛いッ(;´д`)
その前の「フロントランナー」で Mondo Grosso の大沢さんのトークを感心しながら聴いてたのに。というわけで最近はNHK教育がマイブームなのです。ハッチポッチステーションは中学でブームになって以来大好きなんですが。