Home > 2004年1月 のアーカイブ

2004年1月 のアーカイブ

ばあちゃんと犬

2004年1月30日(金)19:50きとら[Diary]

PICT0294.jpg何を血迷ったのか、突然親バカFlashつくってしまいました。単にFlashでデジカメで撮った動画を扱ってみたかっただけです…。音声は出ると見せかけて出ません(笑)
Flashいじるのはホントに久しぶりなんでツッコミが怖いっ(´`;) ただ、どうやってActionScriptでループ再生を終了させればいいのかご存知の方がいらっしゃいましたらぜひツッコんでください(笑) いろいろ手を打ってはみたんだけれどなぁ……うーむむむ。
ちなみに出演者は ばあちゃん(70)と雑種のミート(11)です。こんなとこでネットデビューさせてごめんネ。
多分大丈夫だとは思いますが、Flashをインストールされてない方はMacromediaのこちらのページからプレイヤーをダウンロードしてくださいませ。

—————————–
3限の期末テストの際に提出するレポートのせいで久しぶりに完徹しちゃってて意識朦朧。でもこれから届くはずの愛の郵便物を受け取らなきゃいけないので、こうやって日記を書いて睡魔と戦ってます(笑)

スペイン料理実験秘密結社

2004年1月28日(水)20:57きとら[Diary]

Novargっていう新型ウィルスがアメリカを中心に猛威を振るいはじめてるみたいですね。竜魂サーバが米国にあるせいか今日までに早くも2通送付されてきました。幸いノートン様がブロックしてくださったおかげで被害なしでしたが、皆様どうかお気をつけをっ。

—————————–
昨日の晩は、「スペイン料理実験会するけど来ない?」というメールをもらったので友達の家までチャリで出動。着いてみたらネットでレシピを検索中でした。呼ぶ前に決めとけーッ(; ゚ω゚)!!
いろいろ悩んだ挙げ句、一時は「鳥肉のオリーブソース煮」で決着がついたんですが、いざ近くのスーパーに出向いてみるとオリーブ15個どころか1つも売ってなかったので、結局「魚貝のトマトスープ」に変更。サフラン以外はなんかごくふつーのスープって感じもしないでもないのですが。 んで、それだけじゃもの足りないのでキムチ鍋の具も購入~。レシピに書いてあった糸状サフラン、調味料の小瓶の中にスプーン1杯くらいしか入ってないのに500円もしたのがちと痛かったです(´`)

で、味はというと…
途中まではトレビアンだったんだけど、途中でボクが血迷ってパプリカ入れちゃってピーマンの味しかしなくなりました(爆) ごめんよY君M君! あとキムチ鍋の水の分量を明らかに3倍くらい多めに入れちゃってごめんね!っていうか何やってんだ自分! Y邸の珍味・ゆず胡椒のおかげでこっちはなんとかなりましたが……とりあえず、普段料理をしない者厨房に入るべからずって感じでした。

引っ越しました

2004年1月26日(月)23:22きとら[Diary, Movable Type]

「数時間後に復旧する」って書いたくせに、結局1日以上もかかっちゃいました…ごめんなさい。

引っ越し先は、1つ上のディレクトリ(笑) すぐ上の階に引っ越したようなもんですね。Movable Typeを導入した頃は サイトの一コンテンツくらいに捉えてたこともあって 何も考えずにcgi-binディレクトリにぶち込んだんですけど、どうも ひさしを貸して母屋を乗っ取られたような感じでしょうか。
文字コードをEUC-JPからUTF-8に変えたこと、システムのディレクトリを変えたり整理したりしたこと、データベースをBerkeley DBから MySQLに乗り換えたこと、moblogのサービスのアカウントを新しくつくったこと、それから それらに伴う不具合への対処などなど、いろんな原因が発生しまして…ぐぅ(>_<) 今もログイン画面に未解明のバグが発生してるんですけど、サイトの外見、リンクに関しては ほぼ修正が完了したと思います。もし何か不具合を発見されましたら、遠慮なく書き込んでくださいませっ。 残るはトップページの改装と、正式なタイトル…。個人的リンクは作ろうかどうか迷い中です。 Flash持ってるんだからサイトのどこかで使いたいんですけど、とりあえずトップには一枚絵を貼っておけばいいかな(爆) がんばれ自分!

とるもの手につかず

2004年1月24日(土)21:41きとら[Diary]

ds-0010.png『もえたん』を買ってはみたものの、自分のウィークポイントは単語ではなくてリスニングだという事実を思い出したのが昨日。っていうか今日が試験日だと勘違いしてた(爆) ダメじゃん自分。

というわけで今日は、某お絵かき掲示板のリニューアル作業をちまちまとやってました~。右のゼータはテスト用に殴り書きしたものです。なもので明らかに右胸とか左の鼻の穴とかがおかしくなっちゃってますが、せっかくなので載せてみました。お絵かきチャットのペンツールが使えていい感じ♪
ここしばらくはCMSに頼りっきりだったので、いざCGIファイルを開いてみたところ、HTMLのルールの多くを忘れちゃってるのに気づいてショック。そんなにCSSが普及してなかった頃のスクリプトらしいのでテーブルをじゃんじゃん使った構造になってるんですけど(テーブルをHTMLのデザインのために使うのは今は好ましくないとされてるので)、テーブルのcolspanとrowspanが どっちがどっちなのかが全然分からないし、HTMLのfontタグをCSSのfontプロパティと混同しちゃってるし(汗笑) やっぱデザイン部分と構造部分はこれからはちゃんと分けて、更新の手間を省くようにしなきゃですね…。

試験勉強は、まぁ…きっと、本番になったら底力が発揮できるよね、あはは…♪

『ハイブリッド英単語集』

2004年1月22日(木)23:43きとら[Books]

Dragon*Con実家の方は大雪だそうです。昔に比べれば雪の量はかなり減ったけど…。
昨日の日記で書いたバナーを配布しているサイトで、偶然 “Dragon*Con” ってサイトを発見。 アメリカの由緒ある?SF・ファンタジー愛好家の団体らしいということは何となく分かったけど、具体的にどんなことをやってるのかは英語読むのがめんどくさいので未詳。スターウォーズとかスタートレックがメインなのかなぁ? トップページにドラゴンがででんと載ってたのでついつい書いてしまいました。

—————————–

TOEICの試験が今週末と迫ってるんですが、「これで勉強している」という経験者の声をどこかで読み、つい きとらも買ってしまいました…。

PICT0361.jpg

もえたん『ハイブリッド英単語集』です。

内容は前書きににあるようにセンター・高校レベル。例文は「ネイティブはこんな英語使わねー!」ってツッコミを入れたくなるくらい受験英語ですが、その丁寧すぎる文体がかえって味になってるかな。
というか分からない単語よりも分からない元ネタのほうが圧倒的に多くて悔しいです。涙。まだまだ勉強不足だということを痛感しました…。

★もう少し、アニメの教養を養いたまえ!
☆You had better cultivate and improve yourself for animation.

あと、「スク水」が “suku-mizu” って訳されてたのがちょっとショックでした。きとらはずっと「すくすい」だとばっかり思ってたのに、スキーオフで とある方が「すくみず」「すくみず」と言うので途端に不安になりまして…。 Googleで検索した場合の 「すくすい」派「すくみず」派 を比べてみると一目瞭然。残念ながら「すくすい」派がかなり劣勢…ニッポンの少数民族に認定されそうな勢いです。
そもそも「スク水」って普通…声に出しては言わないよなぁ(´д` )
ついでにこの本の各所に載っているイラストを見て、Photoshopの勉強をしてみます。(爆) 結局TOEICの勉強の足しにはならなそうでした…。

★宗教上の理由により8月と12月には3日間の安息日を取らなければなりませんので、会社には出られません。
☆My religion requires me to take three sabbatical days in August and December. I cannot come to work on the days.

★これは……かつて高度に発達し……何らかの理由で失われてしまった文明からの警告なんだよ!
☆This was a warning from the civilization that was highly developed before they disappeared for some reason!

MT2.661リリース

2004年1月21日(水)23:57きとら[Movable Type]

Movable Typeが今月16日にバージョンアップしたらしいので、本家から差分をダウンロードしたり日本語化パッチを当てる作業をしていました。左のメニューの最下部に書いてあるMTのバージョンが2.4から2.661になってるかと思います。変更点は…スパム対策くらいなのかなぁ(´`;)
あとそれから、最近流行ってるらしい 80×15のバナー(ステッカーって言うのかな)もいろいろと設置してみました~。こうやって並べて見てみるとけっこうシャープでカッコいいかも♪ 1つだけ自分で作ったもののほかは、海外のサイトでフリーで配布されてたバナーです。

あとさっき気づいたんですが、

きとら エロドラゴン

と検索した方。先生にしか分からないから安心して手を挙げなさい♪(にっこり)

晴読雨読

2004年1月20日(火)23:55きとら[Books]

学校の書籍部で、春休みに読むための本をいろいろ買ってきました~。どうして今買うのかというと、大学生協で買うと、1割引になる書籍を含めて年度末に代金の2%を割り戻してくれるんです。そのためには今月末までにレシートを提出しなきゃいけないので(笑) 我ながら貧乏性だなぁ…(´`;)
ただ、冬休みに読んでおこうと思ってたのに部屋で積ん読状態になっちゃってる本がまだちらほらあるから、学期末の課題ラッシュをぬって読んでいかなくちゃ(´`)-3 絵描きなんだから絵描けって言われそうですけど、文章を書きたくなるのは文系学生の性ですので、どうかご容赦のほどを…。

あ、『不可触民と現代インド』(山際素男、光文社新書)はスキーオフ中に読了しましたっ。
不可触民(指定カースト、アウトカースト)っていうのは、インドの有名なカースト制度の最底辺に属する人々のこと。インドはカースト制度とヒンドゥー教の国だという教科書的な知識しか持ち合わせてなかったので、彼ら(数億人の)不可触民の悲惨な実態と社会進出、ヒンドゥー原理主義者の正体、仏教の復活と数千万人にものぼる仏教徒の増加―など、現地の実態を記したこのルポルタージュはいろんな意味で衝撃的でした。

あの酷暑のインドで、誰か”親切”なカースト・ヒンズー(上位カースト・ヒンズー)が気紛れに水を与えてくれるのを、井戸を遠巻きにして待ちつづけるしかない人びと。それに耐えきれず、泥水に手をつけ、疫病に罹る運命に耐えつづけるしかない人びとが”何億”(!)も何千年と存在してきている社会を当然の如く見過ごしているインド。
その姿を厳しく糾弾している書物、少なくとも日本の学者、研究者の書いた物には、インドに来るまで一度もお目に掛かったことがないし、今も無い!

インタビューと筆者の論がごっちゃになっていて散漫な印象を受けなくもないし、ボクとしては仏教のことよりかは不可触民についてもっとページを割いて欲しかったんですが、「IT」「経済成長」という名詞つきで語られることの多い現在のインドのもう一つの側面を知ることができたような気がしましたです。
小さい頃、親の本棚にあった椎名誠の『インドでわしも考えた』っていう本と写真を見て、「インドってよく分からないけどスゴいとこなんだなぁ」って感心した覚えがあります。山際氏の描くインド像と椎名氏の描くインド像はかけ離れてるけど、その土地はが他ならぬインド亜大陸であるっていう事実がすごく不思議で、魅力的。実際に行ってその地面に触れてみないと、その魅力も問題もとうてい分からない大陸なのかな。正月の同窓会にも来なかった友達のS君は、今も魔性のインドをぐるぐるさまよっているはず。