Home >

2004年1月20日 のアーカイブ

晴読雨読

2004年1月20日(火)23:55きとら[Books]

学校の書籍部で、春休みに読むための本をいろいろ買ってきました~。どうして今買うのかというと、大学生協で買うと、1割引になる書籍を含めて年度末に代金の2%を割り戻してくれるんです。そのためには今月末までにレシートを提出しなきゃいけないので(笑) 我ながら貧乏性だなぁ…(´`;)
ただ、冬休みに読んでおこうと思ってたのに部屋で積ん読状態になっちゃってる本がまだちらほらあるから、学期末の課題ラッシュをぬって読んでいかなくちゃ(´`)-3 絵描きなんだから絵描けって言われそうですけど、文章を書きたくなるのは文系学生の性ですので、どうかご容赦のほどを…。

あ、『不可触民と現代インド』(山際素男、光文社新書)はスキーオフ中に読了しましたっ。
不可触民(指定カースト、アウトカースト)っていうのは、インドの有名なカースト制度の最底辺に属する人々のこと。インドはカースト制度とヒンドゥー教の国だという教科書的な知識しか持ち合わせてなかったので、彼ら(数億人の)不可触民の悲惨な実態と社会進出、ヒンドゥー原理主義者の正体、仏教の復活と数千万人にものぼる仏教徒の増加―など、現地の実態を記したこのルポルタージュはいろんな意味で衝撃的でした。

あの酷暑のインドで、誰か”親切”なカースト・ヒンズー(上位カースト・ヒンズー)が気紛れに水を与えてくれるのを、井戸を遠巻きにして待ちつづけるしかない人びと。それに耐えきれず、泥水に手をつけ、疫病に罹る運命に耐えつづけるしかない人びとが”何億”(!)も何千年と存在してきている社会を当然の如く見過ごしているインド。
その姿を厳しく糾弾している書物、少なくとも日本の学者、研究者の書いた物には、インドに来るまで一度もお目に掛かったことがないし、今も無い!

インタビューと筆者の論がごっちゃになっていて散漫な印象を受けなくもないし、ボクとしては仏教のことよりかは不可触民についてもっとページを割いて欲しかったんですが、「IT」「経済成長」という名詞つきで語られることの多い現在のインドのもう一つの側面を知ることができたような気がしましたです。
小さい頃、親の本棚にあった椎名誠の『インドでわしも考えた』っていう本と写真を見て、「インドってよく分からないけどスゴいとこなんだなぁ」って感心した覚えがあります。山際氏の描くインド像と椎名氏の描くインド像はかけ離れてるけど、その土地はが他ならぬインド亜大陸であるっていう事実がすごく不思議で、魅力的。実際に行ってその地面に触れてみないと、その魅力も問題もとうてい分からない大陸なのかな。正月の同窓会にも来なかった友達のS君は、今も魔性のインドをぐるぐるさまよっているはず。

白銀は招くよ

2004年1月20日(火)04:12きとら[Offline event]

PICT0352.jpg
というわけで1泊2日で滑ってきました@志賀高原! 土曜の深夜に、日本各地から車に乗って十数匹の竜たちが集結。関東組は夜の11時集合で、休憩を挟んで到着したのは朝の5時。きとらが最年少っていう中規模オフは久しぶりかも…。ただ、多くの方が金曜ロードショーのナウシカを途中まで見てるのはなぜ(´д`;)
スキーはたしか、おととしの草津以来。その時は鼻毛まで凍る寒さに苦しみましたが、今回は暑くもなく寒くもなく吹雪くこともなく、いいコンディションで滑ることができました♪
でも、勘を取り戻すのに一日まるまるかかっちゃったなぁ…。 身体も予想したとおりなまってて、思ったとおりに足が動いてくれないわ、膝と腰が速いペースで悲鳴を上げるわ。オフシーズンにスキー雑誌を見てブランド名を暗記していた小さいころの自分が懐かしいです=ω=;

あいかわらずというか何というか、普通に滑るだけでは飽き足らず、怪獣のパジャマ着ぐるみを着たり、オコジョさんぬいぐるみを抱えたりしつつ、こともなげに滑る方々が何名か。「うわっ」 「ママあれ何?」などの温かい言葉、それになぜか拍手を浴びたりもしていました…。あと、どんな急斜面も直滑降で下る某竜さんの特攻魂にはたまげましたっ(汗) 「猛スピードでB氏は」って感じです。
かく言うきとらは 強盗さんの使う覆面をずっとかぶってたのですが(爆)。だって寒いんだもん!

何しろ海抜が2000m近くあるせいで、携帯もカメラも寒さで電池が全然持たない。携帯カメラで撮った写真を現地からいろいろアップしようと思ってたんですが、指はかじかんで動かないし、竜魂のサーバ移転の影響もあって 結局あんまりアップできなかったなぁ…。上の合成写真はちょっと曇ってる時に撮った写真ですけど、午後からはだんだん晴れてきて、長野盆地の雲海から飛騨山脈まで見渡せる壮大な眺めがすっごく気持ちよかったです♪
あと右の写真は小径を滑りながら撮ったものですがよい子はまねしちゃダメよ(´`;)

ボクがはじめて午前0時まで夜更かししたのは、小学校6年のスキー教室の時でした。0時きっかりになった瞬間にみんな興奮して集合写真も撮ったりしたなぁ(笑) そんなわけで、スキーの後の宿での語らいはいつになっても楽しいものです。露天風呂も、寒かったけど気持ちよかったなぁ♪
初日にケガを負って病院に行っちゃった方がいたのが唯一の心残りでしたが、帰る頃には またシーズン中にもう一回くらい滑りたいなぁとか、ファンスキー買いたいなぁって真剣に考えちゃいました(笑)

—————————–
その後。

帰ってカバンの中を開けてみたら…

誰 で す か ?

PICT0360.jpg