Home > Diary > 「レベルX」展

「レベルX」展

2004年1月9日(金)23:05きとら[Diary]

20040109_1621_000.jpg今日は病院と学校に行ってから、恵比寿にある東京都写真美術館の「レベルX―テレビゲームの展覧会」に出かけてきました~。去年で生誕20周年になるファミコンのソフトを全部展示してみるっていう試みが、去年マスコミでもたびたび取り上げられてたので、意外と有名かもしれないですね。
往年の名ゲームを(音声つきで)その場でプレイできたり、ふつうの美術館の企画展とは違って客層は20~30代が中心だったりしたこともあって、ちょっと不思議な雰囲気の展覧会でした。恵比寿ガーデンプレイスの敷地内っていう立地からか、カップルも多かったなぁ。「ベースボール」とか「ぷよぷよ」とか「ファミコンウォーズ」とかをニューファミコンでプレイしてきました♪ カタログは出来映えがあんまし良くなかったので買わなかったけど…。
ゲームの画面であればネットで見かけることもあるんですけど、外装を見るのは十数年ぶりっていうものがほとんどで、みんな口々に「懐かしー」ってつぶやきながら見て回っていました。きとらはファミコンの年齢とほぼ同い年で、しかもゲームにはうるさい家で育ったせいで、プレイしたことがあるのは展示されていたソフトのうちのごく一部だけ。ハードのほうも、ジャガーとかピピンとかプレイディアとか(懐かしー!)、話には聞くけど初めて見たもののほうが断然多かったし。それでもその時代の雰囲気だけはありありと伝わってくるのが不思議…。たった10年前に自分の周りにあったモノがこうやって展示ケースに入れられてるっていうのも、なんだか不思議な感じでした。モデルノロジーってやつなのかな?

…でもやっぱり萌えケモ&ドラゴンキャラを探してしまうのが悲しい性でして(´`) 「アルマジロ」ってゲームの外装にかわいいキャラがいっぱいいたなぁ。ディグダグの例の衝撃的なイラストをナマで見たのは今回が初めてです(萌えなのか!?)。あとマニアにはたまらないらしい「獣王記」ですが、パッケージを見てそのショボさに愕然。(爆)
そんな古き良き時代。あんな~時代も~あったねと~♪

久しぶりにイラスト描いたのにあんまり芳しい反応がなくてプチ凹みちゅう(´・ω・`) でもまぁ、そもそもダメダメな絵なんですが…。

あとそれからポケモン、「リーフグリーン」と「ファイアレッド」っていう新作が出るんですね。し、知らなかった…_| ̄|○ リリースってもうすぐなんですか!! これを機会にSP、買っちゃおうかなぁ…というか買えるかな(´`)
相変わらずあの3匹を見ると、心の奥がこう、ぎゅぎゅっと締め付けられるのですよ。イラスト、新しく書きおろしてくれないかな…。あ、そういえば展覧会では、杉森氏の履歴書(っぽいの)や絵コンテなども展示されてました。顔写真はゲンガー。

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。