Home > Diary > 京都大学には トリビアの泉がある

京都大学には トリビアの泉がある

2004年2月19日(木)23:54きとら[Diary]

京都大学には トリビアの泉がある
ふと気付いてたらすっかり書きそびれちゃいました…。あえて画像は引用しません。こういうセンス、さすが京大だなぁ(笑)
構内の銅像「折田先生」がアヴァンギャルドな落書きと激しく戦っていたのも他ならぬ京大でした。この反骨的?な雰囲気って、ひょっとしたら戦前の「滝川事件」以来の伝統なのかなぁと思ってみたりもしたんだけど穿ちすぎかな。

ちなみに昨日のマイフェイバリットトリビアは、高橋さんと同じく「モーツァルトは『おれの尻をなめろ』という曲を作ったことがある」でした。原題は “Leck mich im Arsch”、だそうで。

—————————–

City Creator
シムシティやシムタウンみたいな町並みがFlashで簡単につくれる海外のサイト。英語だけど操作は至極簡単なので迷うことはないはず。きとらはこういうの大好きなので、今月の期末レポート中に 休憩と称して何時間もハマっちゃいました…。saveボタンを押さなくても今までのデータを記憶していてくれる親切設計。個人的には “Medieville” がオススメかな?

—————————–
今日は短いけどここまで~。目下リンクページ作ってるんですが、やっぱりリンク先のサイトの紹介文にうんうん唸っちゃいますね(汗) 今回は何も考えなくても自然に紹介できるようなサイトにリンクしようと思ってるのですが…単に遅筆だけなのかな(´`)

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。