Home >

2004年4月11日 のアーカイブ

レジェンズ2話目/追記を改造

2004年4月11日(日)17:24きとら[Diary, Legendz, Movable Type]

というわけで2回目の日曜早起きですっ。今回は渡辺けんじ先生が絵コンテだったのね(・o・) ミニシロンの出番の方が多かったけど、これはこれでかわいかったのでOKっ。一番印象に残ったのがシロンの胸筋がブロック状になってたことでした(笑)
そういえば月ジャンの今月号ってもう発売されてるんだっけ。アニメ版を下敷きにそろそろ絵を描いてみたいところだけど、来週の後半になるまでは難しいかなぁ…。

—————————–
引き続き、断続的に模様替えを試みてます。構造面での一番大きな変更点は「つづきを読む」。
今までは、「つづきを読む」のリンクをクリックすると別のページに飛ぶような仕掛けになってましたから、読む時にはこのワンクッションがちょっとストレスになってました。ボクだけでなく、多分ココを見てる方もそうかもしれません。
それが去年末ごろに、別のページに飛ばずに「つづき」部分が読めるように、その部分をクリックで開閉できるようなTipsが相次いで公開されました(事の発端はこちらで、日本での火付け役はこちらかな)。このアイディア自体はすごく魅力的なんだけど、この場合もちょっと不満だったのが、展開した「つづき」部分を折りたたむと、その記事に貼られているアンカーに自動的にスクロールしてしまうこと。GWさんが使われているExciteのウェブログサービスのように、追記部分を折りたたんでも移動しないようにはできないかなーなんて思ってあちこち探し回りました。DHTMLやJavascript使えばこれくらい朝飯前だろうし(書けないから説得力ゼロです、えぇ)

その結果、loungelabel.comさんの方法を参考にさせていただいて、なんとか成功しました! ページのサイズは大きくなってしまうけど、これでためらうことなく追記システムを活用できるかな♪
ただ、各ブラウザでは動作しましたが、Macでも動くかどうかは未確認なのがちょっと心配…。もし不具合がありましたらご報告ください~。

コメントやサイドバーも折りたたむ改造術も各所で開発されているものの、個人的にはそこまで改造するのもどうかなぁと思うので、しばらくは追記のみの改造で留めておきます。

バンダイミュージアム

2004年4月11日(日)00:15きとら[Godzilla, Offline event]

PICT0541.jpg突然ですが、千葉県は松戸にあるバンダイミュージアムにMさんと行ってきました~!
前に書いたかもしれないけど、かつてボンボンのSDガンダム倶楽部会員だったこともあってSDやBB戦士についてはノープロブレムなんだけど、幸か不幸か地理上の制約でアニメの洗礼を受けていないために、辛うじてガンダムファン同士の会話についていけるのが「G」と「W」、まして特撮ヒーローに至ってはゴジラ以外はちんぷんかんぷんな体たらくのきとらですが、それでも前からずっと気になってたのですっ。

お昼ごはんは、仏像のように鎮座する等身大の初代ガンダムを望む「Gundam Cafe」。食べたのは「シャア・スパゲッティセット」です。ノンアルコールカクテルの「坊やだからさ」シリーズも気になったんですがよしときました…。

PICT0547.jpgミュージアム部分は「ガンダムミュージアム」と「キャラクターワールド」の2つで、どちらも有料。ボクはどちらかというと後者のほうが面白かったかなぁ。架空のものを展示するって試みは面白いんだけど、何せ展示物がフィクションなものだから、どうしても解説が長たらしくなって良くないなぁなんて学芸員っぽく考えてみたりしたものの、マニアがOKならそれでいいかな(笑) それにしても、よくもここまで設定を後付けできたなぁと、ファン・制作陣両サイドの熱意に感心しきりでした。

「キャラクターワールド」に展示されてた戦隊モノの系譜は、あやふやで消えかかっていた小さい頃の記憶をデフラグしてくれました。戦隊モノでは「チェンジマン(85年)」、仮面ライダーは「RX(88年)」。そんな時代に物心づきました…。チェンジマンのおもちゃ、懐かしかったなぁ(*´ω`)

右上の写真は、過去に市販されていたゴジラのソフビを展示してある、ちっちゃなスペースで撮ったものです。ほとんど全ての場所で撮影OKだったのは良心的だったなぁ。
バンダイの商品を全部網羅してるんじゃないかっていうくらいショップも充実してたし(もちろんオール定価だったけど)、展示のほうも定期的に入れ替えられるらしいので、また立ち寄ってみるのもいいかも☆