Home > Diary > リ・デザイン/モノの異化

リ・デザイン/モノの異化

2004年5月1日(土)01:40きとら[Diary]

昨日の深夜、テレビをつけっぱなしにしていると 「ニューデザインパラダイス」っていうフジテレビの番組に心を奪われて、ついつい魅入ってしまいました。

デザインラボラトリー主宰・谷原章介の夢「21世紀の地球をもっと美しくすること」を実現すべく、今最も旬なクリエーターたちが、まったく新しいデザインの再生に挑む!!

ISBN:4-00-024005-6構成は至ってシンプルで、バカ騒ぎ系が相変わらず跋扈する深夜帯のなかではトーンもはるかに穏やか。尺が短いんだからもっと内容を凝縮して放送してくれないかなぁなんて思いもあるけど、民放でもこんな番組が作れるものなんだと感心してしまいました。あ、もちろん民放でもレベルの高い番組はいっぱいあるし、対するNHKもかなり俗化してきてるけど…。
というかこの番組のコンセプトって、原研哉が提唱する「リ・デザイン」 そのまんまなのかな…?
左の本は『デザインのデザイン』っていう本で、しばらく前に買ったものなんだけど、ちらっと見てみるとすっごく面白そうなので長らく本棚でキープしたまんまという(汗笑) 原氏の主著 『RE DESIGN―日常の21世紀』も、噂を聞く限りではオススメ本みたいですね♪
ともかく、この番組はチェックリストに入れとかなくちゃ…。今までの木曜日深夜は、テレ朝の(旧)Nステ→銭金のコンボです。


上のを書いていて思い出しました。
Web Designing』5月号の「モノサシに目印」ってコーナーで、「物の性転換」というテーマでつくられた作品群が面白かったです。
たとえば、そのまんま説明を転載すると、「口紅を連続させることによってミリタリー感が増す」「花の売り方をプラモ風にすることで、男子向けアイテムに」とか……って、言葉じゃゼッタイ通じねー!(汗)
そんなに凝った作品ばかりでもないんだけど、物を「性転換」してみるっていう発想に座布団n枚あげたいな、と。そもそも現代美術は発想のほうを重視・評価しますしね。物が<異化>する瞬間って、心が揺さぶられます。

—————————–
あとそれから、この号で気になった点をピックアップ~。

  • 「Bookmarklet」。IEで言うところの「お気に入り」に入れることで動作するスクリプトのこと、なのかな? ウィンドウサイズをクリックひとつで800×600に~っていうのは昔からお気に入りに入れて使ってましたが、それをBookmarkletって言うのねっ。文中で紹介されていたJavaScript::BookmarkletってサイトのBookmarkletはこれから役立ちそう☆
  • 「XTMLとCSSがWebデザインを変える」っていうコーナーで考えた、「HTMLの構造化」「構造的なタグづけ」という考え方。HTMLを「フォーマットを持つ文書」として捉え直す時期にさしかかっているみたいで、その主役のCSSは、HTMLの表現をこれまで以上に豊かにするというよりも、HTMLから構造部分を残す一方でデザイン部分を分離する任務を担ってるそうなんですが、って、ここで何が言いたいのか分からなくなっちゃった(; ・ω・)
  • Web Standards Awardsのサイトがカッコイイ!!そのサイトのCSSを解説するなかで、floatプロパティを使うと、少なくともIEでテキストが突然消えたりして表示が乱れるバグ(MTを使ってる人は、きとらを含めて相当悩まされたんじゃないかなぁ)のことを、英語で”PEEK-A-BOO”(いないいないばー)バグと言うんだと知って、ちょっとお得感。

竜魂のトップページが一夜にして変貌したのは、ひとえに きとらがこの号を読んだせいです…(´`) まだNN4.x対策さえしてないのに!

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。