Home > Diary > 住めば都/『火の鳥』太陽編

住めば都/『火の鳥』太陽編

2004年5月23日(日)18:22きとら[Diary]

ここ最近、東京はどうもあんまりすっきりしない天気が続いています。
金曜の夜は学校の友人宅で桃鉄大会。院って意外とヒマなんですか(´ω`;)ってボクが言うことじゃないですね、ハイ。都心に近い上にオートロック式の新築物件なんぞに住んでやがってビックリです。ただ製紙・印刷業が盛んな地域なので、来るまでにフォークリフトを1年分くらい見た気がするけど(笑)
GC版はしばらく前にやったことがあるけど、PS2はこれが初めてでした。鉄道路線に興味を持ったのは、やっぱり初代のファミコン版桃鉄の影響なのかな。初代桃鉄には山陰地方にひとつも駅がないことに、子ども心に腹を立ててたっけ…。目ぼしい物件が見あたらないのもあるんでしょうが(´`)
5時発の始発で帰る途中に財布を忘れたことに気づいて、ダブルでぐったり…。

—————————–
その昼からは、大阪からはるばる越してきたドラゴンさんの引っ越し作業を、何人かでお手伝い……といっても新宅に荷物を運び込むだけでしたが。
気が早いもので、きとらも来年の住みかをどこに構えようかと思案してます。 大きな川のそばがいいなぁとか、意地でもバス・トイレは別だよなぁとか、住所には東京都って書きたいなぁとか。でも、今住んでいる街が一番住みやすそう(笑

—————————–
それから今日のレジェンズ。いささか凡庸な展開だった気がするけど、最後のオチで溜飲が下がりました。 Firedかよ!!ヾ(゚ω゚ )ノ゙ 来週のタイトルの副題は “Catty Professor” ですって。


PICT0806.jpgそれより何より、今晩は『火の鳥』の太陽編ですよ!!
あいまいな記憶の糸をたぐり寄せながら見てました。漫画の魅力には到底かなわないし どのキャラも瞳が妙にキラキラしてるのが気になるんだけど、クチイヌの声がステキ♪ おばばの看病を受けているシーンで「もしや」と期待したんだけど……やっぱゴールデンタイムじゃだめかぁ( ´ω`)-3
家には文庫版があって、ヒマな時にはずっと読みふけってたっけ。この「太陽篇」も壮大なスケールが印象的だったけど、次に放送予定の「未来篇」の、黙示録的で目まいがするようなストーリーがずっと頭から離れません。

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。