Home >

2004年6月25日 のアーカイブ

[アメリカ、アメリカ]

2004年6月25日(金)19:34きとら[Books]

ISBN:4121501268 ISBN:4087734056大統領選を控え、「アメリカとは何か」という問題提起が各方面でなされている今日このごろ、合衆国は「宗教国家」であり、その統治システムが宗教的イデオロギーを基盤としているということは広く知られるようになってきたけれど、そのイデオロギー性を前面に打ち出す戦略をとり、ブッシュ政権のブレーン集団であるいわゆる「ネオコン」って一体何なのよということを捉えなおしたいと思って手にしたのが、中岡望著『アメリカ保守革命』(左)。レーガン大統領が今月亡くなったこともその動機のひとつにあります。レーガン政権に期待し熱心に支えたのが、他でもないネオコン。一様に悲嘆に暮れるアメリカの雰囲気をニュースで見ながら、レーガンの時代が第二次世界大戦後のアメリカ史を画しているのかなぁと感じました。
良くも悪くもジャーナリストらしい文章です。説明なしで「サプライサイド」「マネタリズム」とか書かれてもなぁ(´ω`;)経済用語ワカンナイヨ
ネオコンの系譜、特に初期のネオコンの多くがトロツキストであり民主党員だったとか、思想的エリートであるとかいう指摘は興味深かったです。でも著者も「ネオコン」というものを定義できなかったようで…そもそも鵺みたいなとらえどころのない集団みたい。