Home > Diary > ユビキタスな神々

ユビキタスな神々

2004年7月5日(月)23:57きとら[Diary]

PICT0981.jpg学校の近くにはってあったこのポスター…そう、かの唯一神。前回の選挙区は東京一区だったので投票権はなかったんだけど、期せずして今回 投票しようと思ったらできるようになっちゃいました。
沖縄出身の友達は、東京一区に引っ越したら ちょうど彼もそこに拠点を移してしまって、一家で深く傷ついたそうです(爆)。ちなみに家族全員、彼の物まねができるそうで…。

いつの世にもどこの国にも自称「王族」や自称「神様」が顕現するようで、最近だと「偽」有栖川宮が一躍脚光を浴びましたけど、戦後間もない頃にはそれはもう、雨後のタケノコのように自称「天皇」がポンポン出てきたそうです。熊代天皇とか有名ですね。海外だとロマノフ朝王家の末裔、自称「アナスタシア」とか。
こういった素敵なファンタジーを持った(ゴメンね唯一神)人々の存在、だんだん少なくなってきているという指摘も。うーむむ、歓迎すべきことか否か。 そういえば昔の参議院の選挙公報や政見放送は、今とは比べものにならないほどの摩訶不思議な政党の小宇宙だったのにね。UFO党懐かしいなぁ(´`)

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。