Home > Diary > 颱風通過中

颱風通過中

2004年8月30日(月)20:38きとら[Diary]

左メニューバー下部にある天気予報欄の予報地域を、東京から島根に変えてみました~。初めてどしゃ降りのマークが表示されてちょっとうれしいきとらです(笑 でもこのエントリーを投稿したあおりで消えちゃうかも(汗)
現在こちらでは、各メディアがかまびすしく台風情報を伝えている中にあって、この画像ほどには雨も降ってないし風も吹いてませぬ。というかむしろ そぼ降る雨、といった表現のほうが適当なんじゃないかな(´`;) もちろん災害が起こらないにこしたことはないんですが、例の(91年の)台風19号以来、出雲地方はことごとく台風の災害を免れてるような気が。記憶の自信はあんまりないけど…。結界?

台風のアジア名 (気象庁HP)
そういうものができたってニュースはどこかでちらっと見たことがあるはずなんだけど、今回の台風16号情報をネットで探していて再発見です。16号は “Chaba”(タイ語で「ハイビスカス」)、できて間もない18号は “Songda”(ヴェトナムの地名)、っていう名前がついてるそうで。へぇ~( ・o・)
ボクは個人的には、○○号っていう無機質でお役所的な命名方法よりも、ひとつひとつに愛称をつけたほうが (マスコミがもっと積極的にアピールしてくれさえすれば)気象への関心も高まるだろうし、何よりこういうアジア的な響きを耳にするだけで、台風の生まれたはるか南の青い海、白い砂浜が眼前に浮かぶし( ^ω^)ノ 台風がつなぐモンスーン・アジア。あぁ、生春巻きが食べたい・・・(じゅるっ


今日の「そうだったのか!」

三浦綾子曾野綾子は別人だ。

いやGoogleで検索すれば一発なんですが…。去年学校の友だちに「実は同じなんだよ」と吹き込まれる前まではボクも別人だと思ってたんだけど、と苦しく弁解(´ω`;)  きとらは親しい友人の言うことなら、少しくらい疑問に思っていてもほいほい信じてしまういい人なんです☆(爆
調べてみると曾野綾子は、同じ作家の三浦朱門と結婚して本名を三浦知壽子としているし、どっちの綾子もクリスチャンだし、同一人物に誤解されるのも無理ないよなぁ…。曾野綾子のほうは正直好きじゃないので(誤解したのは読んでないことの何よりの証拠です)、友人のウソを聞いて以来 マイベスト号泣作品『塩狩峠』への思いが揺れ動いてました。ごめんなさい、三浦綾子女史。

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。