Home > Diary > さようなら ミート

さようなら ミート

2004年9月13日(月)00:42きとら[Diary]

犬が昨朝、死んでしまいました。

東京に帰る時にはいつも これでもう最後かもしれないと思っていたし、先週帰る時にも、すっかり弱りきった姿にうすうす覚悟はしていました。それでもあまりにもあっけない最期に、まだ信じられない思い。帰省した時にはもはや手遅れで、兄弟3人がそれぞれ家を出てから10日も持たなかったってことか…。
11年前に拾ってきた一番下の弟が昨日岡山から帰ってきて、かわいがっていたばあちゃんと一緒に裏の山に葬ったとのこと。無芸大食っていう言葉がぴったりのダメ雑種犬だったけど、ダメ犬なりに愛嬌がありました。少しでもあの顔を思い浮かべると、平凡だけれど楽しかった思い出が次々に甦りはじめて、悔しくて、涙が止まりません。今はただ心の中の墓標に手を合わせるしかないです。 ありがとう。


Strew on her roses, roses,
And never a spray of yew!
In quiet she reposes;
Ah, would that I did too!

Her mirth the world required;
She bathed it in smiles of glee.
But her heart was tired, tired,
And now they let her be.

Her life was turning, turning,
In mazes of heat and sound.
But for peace her soul was yearning,
And now peace laps her round.
Her cabined, ample spirit,
It fluttered and failed for breath.
To-night it doth inherit
The vasty hall of death.

薔薇を、――いちいの小枝ではなく、
薔薇の花を、彼女の上にまくがいい!
寝顔のなんと穏やかなことか!
できれば、私もあやかりたいほどだ。

陽気だったのは、世間がそう強いたからだ。
いかにも零れるような微笑をふりまいていた。
だが、心はただ疲れに疲れていた、
そして、やっと今、その世間から解放されたのだ。

熱気とざわめきの坩堝に巻き込まれ、
ただ必死に流転の生活をおくってきた。
だが、その間、魂はひたすら安らぎを求めて喘いでいた、
そしてやっと今、その安らぎを取り戻すことができたのだ。

元来のびやかに閉じ込められていた心は、
息をつこうと必死に羽ばたき、そして息切れしてしまった。
だが、今宵こそ、死という空漠たる大広間を、
やっと、自分のものとすることができたのだ。

(M. Arnold ‘Requiescat’)

  1. 典康
    2004/9/15 21:09

    謹んで ご冥福をお祈りします。

    私も去年病我が家の愛犬ゴロウを病気で亡くしました。
    亡くなる数日前から様子がおかしかったので、覚悟はしていましたが、死んでしまうと悲しさが急にこみ上げて涙があふれ出ました。
    命あるものはいずれ皆死にます。
    つらいですがこの現実をちゃんと受け入れてあげましょう。
    死んだ生き物や人をいつまでも悲しんだりしていると
    ちゃんと成仏できないというのを聞いたことがあります。
    でも、ミートちゃんの事は忘れないであげてくださいね。

    謹んで御悔み申し上げます

  2. Dragon
    2004/9/15 17:50

    心からご冥福をお祈りいたします。

    つらく悔しい気持ち分かります。自分もインコを飼ってたのですが、小4(小学校4年生)くらいの時に亡くなりました・・・
    いきなりだったのでかなり愕然となりました。

    たとえ死んだとしても、愛情を注いでくれたきとらさんやきとらさんの家族を、ミートくんちゃんはいつまでも見守っていると思います。

  3. 2004/9/14 00:58

    皆さん どうもありがとうございます。
    ちょっとだけ 元気が出てきた気がします。

    名付け親はボクで、当時は英語なんてさっぱりだったから「丸々と
    太ってるから」と「ミート」にしたんだけど、その後すぐにメスだと
    いうことが発覚したこともあって、「ミート」「ミーや」「ミーちゃん」
    と家族めいめい勝手に呼んでました(笑)
    食事はたいてい 魚の骨入りみそ汁ぶっかけごはん、さすがに年老いて
    からはドッグフードに切り替えたけど、まさに典型的な田舎の犬。
    それでも、正直言ってそんなに仲のいい家族でもないこともあって、
    一家のかすがい的な存在でした。
    果てしなく気だるい日常を、親の8mmで撮ったりもしたっけ。
    また家に帰ったら、押し入れから引っぱり出して見てみようかなぁ…。

  4. ひよこ
    2004/9/13 23:54

    謹んでご冥福お祈り致します。

    同じような経験をお持ちの方たくさん居りますね?
    私の所も、ポメラニアンを一匹中学入ったばかりの時に・・・
    でも、悲しんでばかりではいない様にね?
    たしかに、今は辛いかもしれませんが、悲しんでいるばかりだと天国へと旅立った愛犬もつらいでしょうから・・・

    私のところは、高校生の時にシェルティを新しい家族として迎えました。
    今は、その子供も合わせて4匹です。
    もちろんポメ以上に可愛がってますよ(^^)

    忘れないで上げることが一番の優しさだと思いますから、
    きとらさんも、がんばってくださいね

    天国で安住致しますよう、心からお祈りいたします。

  5. ワニ
    2004/9/13 23:26

    ご冥福をお祈りいたします。

    うちも柴がいますが、たとえ何のとりえがなくても、寝てばかりでも、そこに家族の和ができる、人と人とを結び付けてくれる、本当にペットとは不思議なものですよね。
    きっとミート君(女の子だったらごめんなさい)も、そんな目に見えない大きな使命を持っていたのかもしれませんね。

    今は涙する日々が続くと思いますが、それが自然なあるべき姿だと思います。

    手垢にまみれた言葉ですが、心からお悔やみ申し上げます。

    きとらさんも通販の処理等、ご苦労とは存じますが、心労で体調を崩されぬよう、ご自愛ください。

  6. 2004/9/13 20:48

    謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

    …我が家の愛犬「ジロー」も、今年亡くなったばかりで、
    「もう、それ程長くはないな」と覚悟はしていたものの、
    いざその時が来たとき、死に立ち会えなかったことを少し悔いました。
    …その事を、思い出しながら、哀悼の意を、捧げます。

  7. 2004/9/13 18:20

    そうですか・・・あえなく力尽きてしまったのですね。
    私のじいちゃんばあちゃんが飼っていた柴犬も、同じように病気で
    最後を迎えました。
    生き物全て最後は死ぬものですが、家族であり友達だったと
    言う事を忘れないでください。
    そして、いつまでもワンちゃんはあなたの心に棲んでいます。
    あなたの永遠の友達です。家族です。

    ご冥福をお祈りいたします。

    年下が、生意気な事言ってすみません・・・・。

  8. 2004/9/13 14:22

    私も去年の暮れに愛犬を亡くしているので
    つらい気持ちはよく分かります。
    うちの場合急死だったので
    相当やりきれなかったですが・・
    心からご冥福をお祈りいたします。

    誰にも思い出してもらえなくなった時が
    本当の死、といいますから
    どうかワンちゃんのことをずっと
    心に残してあげてくださいね。

  9. 2004/9/13 08:02

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
    なんと・・・言っていいか・・・・・。
    大切な何かが居なくなると、心にポッカリ穴が空くんですよね・・・・・。
    ボクも、前に犬を飼っていました。
    でも、その時はまだ幼稚園生だったので、何が悲しいのか、
    分かりませんでした。
    でも、今なら良く分かります。
    しかし、生あるものには死を、形あるものは壊れるように、
    それは逃れられないものなのかも、しれません。
    生意気かもしれませんが、お悔やみ申し上げます・・・・・。

  10. 白竜
    2004/9/13 07:50

    謹んでご冥福をお祈り致します。
    ペットと言えども、家族であり友人です。
    今後はどこにいても、毎年九月十三日には、
    お祈りしてあげてください。
    どうか、天国で安らかに暮らせますように。
    合掌。

Gravatarに登録すると、投稿したコメントの横にアイコンを表示することができます。