Home >

2004年10月7日 のアーカイブ

夏休みの読書リスト

2004年10月7日(木)23:20きとら[Books]

夏休みに読んだ本を総まくり!って、そうなんです、実は今まで夏休み期間だったんです……。これが文系大学生の実態です、なんか申し訳ない気持ちです(´`;)
卒論の関係で、近頃は『人種主義国家ドイツ』とか『テクノクラートの世界とナチズム』とか、タイトルを見ただけで凹んでしまうような暗~い本を読んでいるのでたまに発狂しそうになります。

ISBN:4-00-430904-2 ISBN:4-06-258305-4『古代出雲王国の謎』(武光誠著、PHP文庫)は地元の書店で買いました。記紀神話から歴史的事実を推し量るっていう手法は、96年に出版されたものの改版ということもあって、限界があるしちょっと古いアプローチ方法だなぁと思いました。日本史のことはよく分からないけど、出雲考古学は盛んに研究されている分野で、新たな発見も相次いでますし。

戦後政治史・新版』(石川真澄著、岩波新書)。正直言って自民党の党内政治に関する記述ばっかだなぁという印象。でもそれは、戦後政治を一貫して担ってきたのが他ならぬ自民党であることの裏返しなわけで…。対する社会党がついに戦後政治の主役になれなかった理由も、同党へ向けられる冷静ながらも批判的な記述から読み取ることができます。「一か二分の一体制」って用語はこの著者の造語だったのね(・o・) ゞ 現代政治を考えるうえでは、前提としてこういった戦後政治の歩みを俯瞰できる本を読んでおく必要があるなぁと感じましたです。この夏に亡くなった石川氏についてはこんなコラムも。

ポル・ポト<革命>史-虐殺と破壊の四年間』(山田寛著、講談社選書メチエ)、タイトルだけ見ても鬱になる上に、表紙の写真に写っているのは首吊り用の縄(´ω`;) ポル・ポト「革命」は、人口の5分の1が殺されたという数字からだけでもその恐ろしさが伝わってくる蛮行だったんだけど、今までは教科書の記述や 『キリング・フィールド』でちらっと垣間見る程度で、詳細なテキストを読むのはこれが初めてでした。ただ、クメール・ルージュ内の権力闘争が中心の構成になっているのがちょっと残念。最近のニュースによれば、ようやく、ようやく特別法廷が設置されるようです。