Home > Doujin > さよなら2004年

さよなら2004年

2004年12月30日(木)23:57きとら[Doujin]

カレンダーの実物をいただきました…
自分の作品のショボさと他の方のイラストのステキさのダブルパンチでかなり落ち込んでます…。自分が描いていたイメージと実際の出来にかなり落差があったもので。当分の間はカラーのアナログ原稿を人様の企画で描くことはよそうと思います…。カゲトラくんには悪いことをしました。

こんな鬱々とした気分で新年を迎えるなんてやり切れないですが、とりあえず来年は公私ともに、身の程をわきまえつつ謙虚にやっていこうと思います。
…卒論の気晴らしに今までぼちぼち書いてきたんですが、終わるまではきっとテンション上がらなそうだから、ちょっと自粛して執筆に専念したほうがいいかな(´ω`;)

多分これが最後のエントリーだと思うので、今年中に何となく書いておきたいけどどうでもいいことを追記にものして、今年の書き納めとします。それでは皆様よいお年を!

  • 「ヴィトヴェ(witwe、未亡人)」につづくドイツ語キモ単語を発見。「ヴェットヴェベルバー(wettbewerber、ライバル)」。アクセントは文頭に。文字にするとそこはかとなくカッコいい雰囲気が漂ってこなくもないんですが、口にしてみると超キモい!妖怪なんかが現れるときにぴったりなフレーズだと思います。
    それはそうと、”Schwangerschaftsabbruch”みたいな長い単語を辞書で引いてちょっとうれしくなったりするものの、意味は「妊娠中絶」だと知って凹んだりしてます。ただでさえやる気のでない卒論なのに、辞書を引けども引けども「妊娠中絶」「無能」「性病」「抑圧」とネガティブな単語ばっかりで困っちゃいます(´`)
  • テレ東系の『怪奇大家族』が意外と良かったです。このB級ホラーっぽさどこかで見たなぁと思ったら、『地獄甲子園』の監督が一部参加してたのねっ。相変わらず三城晃子がステキ。
  • スマトラ沖の大津波、被災地域のなかには政情の不安定な地域が多いですよね。アチェは昔から独立運動が盛んで(地震後、既に戒厳令が敷かれていたアチェに外国のメディアが入っていてちょっとびっくり)、タイの南部では最近政府と反政府軍の衝突が続いてるし、つい最近政府と和解したスリランカのLTTEの独立運動も有名かな。そのなかでも軍事政権下にあるミャンマー、被害を意図的に小さく発表してるんじゃないかと疑ってるんですが…。手元の『理科年表』によれば、たとえば文革中の中国・河北省で起きた「唐山地震」の犠牲者は24万人となってますが、もっと多いんじゃないかという説が有力みたいで。
  • 『フォアヴェルツ』の裏表紙にある”Edel sei der Drache, hilfreich und gut!” っていう文言は、ゲーテの詩の一節”Edel sei der Mensch, hilfreich und gut!” をパロってみたものです。「人間は高貴で/人を助け、善良であれ!/このことのみが/人間を/他の一切の/生物より分かつ」ってくだりです。

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。