Home > Books, Diary, Shimane > 園田の居に帰る

園田の居に帰る

2005年3月23日(水)02:50きとら[Books, Diary, Shimane]

ISBN:4871187918 おやすみ前に『火の鳥』を読んでしまって目が冴えてしまいました。ありがち(´ω`;)
以前から角川の愛蔵版が家にあるんですけど、何を考えたのか 親が学校に持って行ったら子どもらが休み時間にこれしか読まなくてボロボロにするから、すぐに持って帰ったそうで。ちなみに一番手あかがついてるのが「未来篇」。インパクトは絶大だけど、小学生にはちと重すぎるテーマじゃないかなぁ(汗
もちろん「太陽篇」はガチだけど、個人的に泣けるのは「羽衣篇」でございます。ザ・浪曲ワールド。久しぶりに読むとコマ割りとかキャラクターの表情とか、勉強させられます。いや近々のマンガ執筆の予定はないですが(汗笑)


羈鳥は旧林を恋い、池魚は故淵を思う。ようやく用事があらかた片づいたので、実家からの久しぶりの更新になります~。駄犬ミートのお墓参りも済ませました。

PICT2760.jpg帰省してショックだったこと4つ。
まず帰ったその日に、うちの地区の児童館の閉館式があったそうで、しょっぱなから凹み。中学になっても、イラスト用にコピー機を使いたくても近所にここしかなかったので、よく使わせてもらってました(笑
それから朝になって家の周りを見渡すと、文字通り360度ぐるっと、いい感じに色づいた杉林が。しっ 死ねる!! 幸いにして悪天候のおかげで発作は最小限にとどまってます…。
あとローソンが撤退したのもプチショック。町にコンビニがポプラ1件だけになっちゃったじゃないか orz

でも一番がっくりきたのは、母親がiPodをポットの一種だとマジ勘違いしていたこと。まぁ、トリートメントとコンディショナーの違いが未だにさっぱりなきとらと…どっちもどっちかな(´д`;)

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。