Home > Diary > 『都市の模型展』

『都市の模型展』

2005年6月6日(月)01:28きとら[Diary]

左利きなのに5年間ずっとジャガイモを右手でむいていたことを発見。驚愕の真実。
す、すごい!!左手だとすごくキレイにむける!!(゚ω。)

あと無印良品で買ったシャツの襟首に、あろうことか、今日ずっと「S」シールがついていたそうで。「そうは見えないのに」というコメントつきで指摘されました。ばっバカなっ!!

海馬のオーバーホールが必要かもしれません…。

—————————–
PICT2876.jpg

今日は仕事が早く終わったので、六本木ヒルズにある 森都市未来研究所の 『都市の模型展』を見てきました~。
展示自体はニューヨーク・東京・上海のやたらでっかい模型が3つ、ででんと置いてあるくらいのシンプルなものだったんですが、雰囲気もよかったし、こういう立体模型って昔から好きなので楽しめました。んでもビルの真上の画像は衛星写真を使えばいいわけだけど、側面の画像って…どこから取り寄せたんだろう(; ・ω・)
PICT2902.jpg同時に上映されてた「東京スキャナー」っていうショートムービーも鑑賞。監修はかの押井守氏(よく知らない)。周りの人は何だか納得した顔つきだったんだけど、ボクは 全体的なトーンが何だか宗教的/預言的だなぁとか、森トラストはどこまで関与したんだろうとか感じた以外は、コンセプトがいまいちつかめんかった(´ω`;) でも都市計画って、イデオロギーが中心となって動くという意味で、今では珍しい分野というか領域だなぁと思います。

そのあと、展望台「東京シティビュー」に登ってきました♪ 海抜250m! 夜景のスゴさはもちろんのこと、TDRの打ち上げ花火も東京タワー越しにかすかに見えて、うれしくなってぐるぐると720°歩き回っちゃいました(笑

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。