Home > Movable Type > サイト引っ越し&MT3.2導入までのあれこれ

サイト引っ越し&MT3.2導入までのあれこれ

2005年10月12日(水)23:52きとら[Movable Type]

久しぶりに青空が戻ってきたので、昨日のお昼は近くの公園でひたすらぼけーっと、至福のひとときを過ごしました(*´ω`)
日に日にひんやりしてくる空気、そろそろ年末進行に組み入れられそうな気配にそわそわしちゃってます。冬が来る前に一度 どこかに出かけたいんですが、先週の3連休にややビッグな遠出をしちゃったので、しばらくは節約モードで…。

—————————–
運営休止から再開まで、かなりのブランクが空いちゃいました。この間にもいろんなイベントがあったんですが、とりあえず引っ越しの経緯(&ドタバタ)をメモ代わりに追記にまとめておきました~。
例によって、自前でMTを運営していない方にとっては言ってることが意味不明かもです(´ω`;)


9/24 渋谷のウェンディーズにて引っ越しするよ宣言ヽ(゚ω゚ )ノ

勢いにまかせて翌日の夜に独自ドメインゲット!
何も考えずに”.com”にしちゃいました…。”.net”のほうがイケてるかなぁ=ω=;


カゲトラくんが使ってるXREA(レンタルサーバ業者)×VALUE-DOMAIN(ドメイン取得代行業者)という組み合わせを選択しました~。クレジットカード番号の登録に一抹の不安は感じたものの、初期投資はかなり安く抑えられてハッピー(*´ω`)


喜びいさんでMovable Type(MT)3.2 日本語版(Beta)をインストールするも、MySQLの設定がよろしくなかったせいか、エントリーを再構築する際に頻発する謎のCGIエラーに半日悩む。XREAは意外とクセのあるサーバでした…。


MT3.2英語版のインストールを試みたものの、なぜかTypekeyの認証で弾かれてパッケージのダウンロードさえできず、泣く泣くというかついカッとなってアンインストール。


前バージョンのMT3.171をインストールしてせこせこ移行作業を進めていたところ、タイミングを見計らったように
待望のMT3.2日本語版リリース

ヽ(・ω・)/ ズコー


それでもくじけず、MT3.2をインストール

ISBN:4-7741-2379-Xインストール作業自体はうまくいったものの、よせばいいのに、『ブログ自由自在 Movable Type 上級カスタマイズ術』(藤本壱著、技術評論社)を読んで感動したMT3.xの新機能「ダイナミック・パブリッシング(ページの動的生成)」に、無謀にもチャレンジング


案の定エラーの嵐に撃沈(。ω。)


調べたところ、PHPで動いているダイナミック・パブリッシングはPerlのプラグインが使えず、PHPで実現していたインクルード機能、それに加えてPerlで記述されたMTのプラグインも動かないとのこと。かといって静的生成にすると、今度は再構築に時間がかかりすぎてXREAサーバがタイムアウトを返してしまうし、にっちもさっちもいかず発狂寸前。ここで数日のタイムロスでした(´`;)


さらにネットでいろいろ調べてみたところ、Perlでも動的生成が可能になるプラグイン+αを発見。まさに渡りに船!


このプラグインの導入作業でまた数日を浪費しつつ、精神的にふらふらになりつつも動的生成の試験にやっとこさ成功!(データベースとうまく連動してくれなかったので、ここでまたもや発作的にアンインストールしてます(爆)MySQLのテーブルは素人が気軽に触っちゃダメですね……。)


そのまま個々のエントリー・月別のアーカイブ・カテゴリ別のアーカイブを、動的生成に移行
再構築のスピードが体感で4~5分の1くらいになりました。すごく快適です♪ コメントが反映されるまでの時間もかなり短縮されたハズ。ただし、本体とは別のブログで運営しているMoblog・Storage・Miscについては、うまく動いてくれなかったので静的生成のまま放置っ


デザインをちまちまいじりながら、並行して新しいプラグインを導入

  • MT-trimjプラグイン:エントリーの先頭x文字を取り出す日本語用プラグイン。2.xで問題なく動いていたtrim_toアトリビュートが挙動不審になったため
  • DivPages:またもや藤本氏開発の、超ナイスな動的生成用ページ分割プラグイン。動的生成に乗り換えたせいで、これまでお世話になっていたナイスなMTPaginateプラグインが利用できなくなったため


Faviconを作成
Favicon Japan」の自動生成プログラムを使用させていただきました≧ω≦

↓右上のナビゲーションを変更
マウスを重ねた際の挙動(ロールオーバー)は以前は完全にCSSで動かしていたのですが、IEでは(ブラウザのせいで)動作が緩慢で、イライラしていた方も多かったと思います。そこで、ロールオーバーといえば定番のJavaScriptでの制御に切り替えることに。
かといってインラインでスクリプトを記述するのも今さら感バリバリで芸がないので、いい策がないかどうかネットであれこれ調べてみた結果、イベントハンドラをHTMLから分離させるTipsをこちらのサイトQuirksMode.com、英語)から拝借して実装。onmouseoverもonmouseoutもname属性もきれいさっぱり消滅。ビューティフル!!

—————————–
すでに記憶が薄れつつありますが、こんな感じだったかなぁ…。
余裕があれば左側のナビゲーションの導線&デザインも改善したいところです。

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。