Home > Books > わりとマジメな2月の読書録

わりとマジメな2月の読書録

2006年2月28日(火)00:27きとら[Books]

土日は連続寝落ちでした…。気がついたら月曜が始まってる(。ω。)ガクッ

戦争と映画―知覚の兵站術
ポール ヴィリリオ、石井 直志訳

4582762956
平凡社 1999-07
売り上げランキング : 98,002
おすすめ平均 star

寺山修司名言集
寺山 修司

4891946555
パルコエンタテインメント事業局 2003-03
売り上げランキング : 40,295
おすすめ平均 star

CSSプロフェッショナル・スタイル
大藤 幹

4839919070
毎日コミュニケーションズ 2005-12



P. ヴィリリオ『戦争と映画―知覚の兵站術』(平凡社ライブラリー、1999年)。
フランス語版は1984年刊行。人間の視覚・知覚をあやつる「映画」と「近代戦争」の両者の技術革新が、現世を「イメージの地獄」へと加速度的に変容させてゆく過程を技術的・思想的な側面から追った論考。
相変わらず歯ごたえありすぎでうまく嚥下できません(笑 軍事史は相変わらずニガテだし、取り上げられている映画もひじょーにクラシック。ディテールが分かる映画は、かろうじて『博士の異常な愛情』『國民の創生』『意志の勝利』くらい(。ω。) でも、ヴィリリオの文章は修辞的かつ詩的で好きなのです。

CSSプロフェッショナル・スタイル』(毎日コミュニケーションズ、2005年)。
『Web Designing』で連載中のコラム「CSS Analysis」を集成したもの。内容も雑誌とほぼ同じですが、リファレンスとして手元に置いておきたい本です。これはCSSのイロハが一通り分かってる人向けですね…。海外の優れたサイトの分析とケーススタディが中心で、使える技・裏技が満載でよいです。

寺山修司『寺山修司名言集』(PARCO出版、2003年)。
前に読んだ『ポケットに名言を』からの連想買い。

今日のように、痩せ細った肉体の持ち主たちの支配する知的文明というものが、人間を次第に主知的にし、理性的にして、肉体の素晴しさから遠ざけてゆくものだと思っているのです。」(負け犬の栄光)
死んだ人はみんなことばになるのだ」(地獄篇)
たかが言葉で作った世界を言葉でこわすことがなぜできないのか。引き金を引け、言葉は武器だ!」(邪宗門)

あぁ、なぜキーボードで打つとこんなにも早く色褪せてしまうのだろう……!

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。