Home > Music > 4月の試聴記

4月の試聴記

2006年4月29日(土)16:29きとら[Music]

今月はちょっと多めー(。・ω・)ゞ
買ったのが最初の2枚、レンタルが残りの4枚でございます。

Jukebox
Bent Fabric

B000DZ7YB0
Hidden Beach 2006-03-14

MUSIQUE VOL.1 1993-2005
ダフト・パンク

MUSIQUE VOL.1 1993-2005
東芝EMI 2006-03-29

NAMELESS WORLD(通常盤)
コブクロ 小渕健太郎 黒田俊介

B000CBNX3S
ワーナーミュージック・ジャパン 2005-12-21

Human After All
Daft Punk

B0007DAZW8
Virgin 2005-03-15
売り上げランキング : 2,002
おすすめ平均 star

THE LIVING DEAD
BUMP OF CHICKEN
藤原基央

B0001J0BUY
トイズファクトリー 2004-04-28
売り上げランキング : 167
おすすめ平均 star

FLAME VEIN [+1]
BUMP OF CHICKEN
藤原基央

B0001J0BUO
トイズファクトリー 2004-04-28
売り上げランキング : 247
おすすめ平均 star



Jukebox“は、先月あたりから日本でも火がついたようで。ジャズとビッグビートの融合って感じでしょうか。「ウリ」であるピアニスト、ベント・ファブリック翁は御年81歳。セゾンカードのCMの大車輪おじいちゃんのほうが10歳以上若いのかっΣ(゚ω゚ ) ピアノは特に超絶技巧ってわけでもないですが、もう少し前面に出てほしかったな~。と言いつつ”Jukebox”, “Shake”のハッピーさが好きで最近よく聴いてます。
ダフトパンク(リンク先ボリューム注意)のベスト盤”Musique Vol.1“が出たので、楽天ブックスでゲットしつつ “Human After All(邦題『原点回帰』)”もレンタル。ベスト盤はベスト盤なのでコメントは措いといて、”Human After All(邦題「所詮人間」)”のヴォコーダーヴォイスとコード展開が哀愁漂っていてよいです。メルヴェイユ!
隣の部署で鳴った着メロが気になって、ヒモづいて覚えていた歌詞の断片を頼りに調べてみたら、コブクロの「」だということが発覚。なしてシーズン後にレンタルしてるんだ自分っ(。ω。) たしかに「桜」っていい曲だけど、散った後だからか、それともお前の言ってる「さくら」ってどれよ的な昨今の市場に食傷なせいか、なかなか響いてこないのが残念。それより「六等星」「同じ窓から見てた空」って曲がいいですね。切なすぎて帰りの電車で聴けないです(TωT)
まだしょうこりもなく『ユグドラシル』を繰り返し聴いているきとらですが、『jupiter』以前のアルバムも2枚借りてきました。「続・くだらない唄」のイントロ、たった10秒間のエレキが涙を誘います…。