Home > Diary > 山形寺社仏閣温泉巡り

山形寺社仏閣温泉巡り

2013年10月24日(木)19:19きとら[Diary]

先々週の三連休は、母・弟と3人で山形旅行に行ってました。
行きたい行きたいと行っていた父がその数日前から高熱でダウンしてしまったので、弟が運転係のピンチヒッターとして来てくれました。旅程はこんな感じ。
1日目:羽田空港⇒東京⇒新幹線で仙台⇒仙山線で山寺⇒山形⇒天童温泉(泊)
2日目:最上峡⇒幻想の森⇒羽黒山⇒湯殿山⇒蔵王温泉(泊)
3日目:蔵王観光(蔵王ロープウェイ・地蔵山・御釜)⇒白石蔵王⇒東京


P1000818P1000853P1000890
(左)皆さんご存知、山寺(立石寺)。母が半年前に足をケガしてたので石段が心配だったけど、なんとか登れて安堵。
(中)風が強かったので最上峡の舟下りは断念して、杉の巨木が群生する幻想の森へ。ここに行くまでの林道がダートすぎて心細かったけど、森の中はウッドチップが敷かれててすごく歩きやすかったです。
(右)こちらもおなじみ、羽黒山の国宝・五重塔。渋いですなぁ。

P1000900P1000904
(左)羽黒山を下りてしばらく走ってから、鶴岡のおそば屋さんで昼食。そば・麦切りをあいもりにした鶴岡御膳。
近くの道の駅ではおかんがラフランスやぶどうを箱買いしてました。米、果物、肉…山形は食べ物がおいしかったなぁ。
(右)湯殿山神社手前の大鳥居。「語るなかれ・聞くなかれ」の本宮には行きませんでした。風が強くて寒かったw

P1000846P1000951DSC_0990
(左)前述の最上峡。紅葉してるかなと思ったけれどまだ青々としてました。見頃は11月とのこと。
(中)エコーラインを登る。蔵王も紅葉し始めでした。
(右)蔵王温泉で朝風呂。硫黄の匂いが心地よい、正しい日本の露天風呂でした♪ ちなみに中はこんな感じ

DSC_0995DSC_0997
(左)蔵王連峰の地蔵山(1736m)から山形盆地を望む。この日は快晴で絶好の登山日和でした。
(右)同じく蔵王連峰の名所、御釜。ご覧のとおり別世界でした。ちなみに仙台からのルートが数kmにわたる激しい渋滞でびっくりしたけど、紅葉が見頃の時期はもっと渋滞するとのこと。すごいなぁ。

※投稿から3年以上経過した記事へのコメントは表示されません。ごめんね。